とにかく!白内障の症状を悪化させないために今すぐ取るべき対策

知っておくべき白内障の初期症状の見え方。白内障に3倍なりやすい中高年の特徴とその進行を抑える5つの方法

手術と眼内レンズ

白内障手術でトーリックレンズを挿入して乱視を矯正する

更新日:


白内障手術では乱視は基本的には治りません。しかしトーリックレンズという乱視矯正レンズを挿入すれば、ある程度は軽減できます

この場合、費用は白内障手術と同じで済むのでとてもお得です。

なぜ、白内障手術では乱視が治らないのでしょうか?

乱視は水晶体や角膜のカーブに歪みがあることで生じます。

医師はしっかりと乱視の有無やその程度、原因は水晶体か角膜かなど検査しますが、一般の眼内レンズでは、角膜のほうの乱視は矯正できません。

また手術で角膜の表面に軽い歪みが発生して、乱視になる場合もあります。

もしくは、もともとの角膜乱視を水晶体乱視がうまくカバーしていたのが、手術で水晶体がなくなったことで乱視が現れることもあります。

そこで、近年登場したのが乱視矯正レンズ(トーリックレンズ)です。

お得なトーリックレンズで乱視が軽減できる!

トーリックレンズは、白内障治療とともに正乱視(角膜や水晶体の歪みが規則的)の軽減が可能です。

海外では保険が効かない高額な手術ですが、日本では保険が適用されますし、白内障手術費の中で乱視の矯正まで行うことができます。

トーリックレンズは乱視の角度にあわせて適切に挿入する必要があるため、術前検査で黒目に印をつけておきます。それ以外は通常の白内障手術と変わりません。

普段から乱視を自覚している場合は医師に相談し、白内障手術の前に乱視の程度を検査してもらいましょう。不正乱視や強度の乱視がなくトーリックレンズの適応範囲であれば、一回の手術で二つの症状を改善することが可能です。

しかしなかにはトーリックレンズを入れなくても、白内障手術での切開のしかたを工夫することで乱視を軽減してしまう凄腕ドクターもいるそうです。

手術は日頃の医師の腕がものをいいます。どこででも行われている白内障手術だからこそ、確かな腕を持つ医師にかかりたいですよね。

ルテインと白内障の関係

白内障の有名な対策はルテインを摂るですが、
ルテインが白内障の防止に効果があるかどうかは分かっていません。

でも、そんなの待ってられないですよね。

早め、早めに手を打ちたい方はここから手に入ります。

-手術と眼内レンズ

Copyright© とにかく!白内障の症状を悪化させないために今すぐ取るべき対策 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.