とにかく!白内障の症状を悪化させないために今すぐ取るべき対策

知っておくべき白内障の初期症状の見え方。白内障に3倍なりやすい中高年の特徴とその進行を抑える5つの方法

手術と眼内レンズ

子どもの白内障は早期の手術と術後の視力訓練が必要

更新日:


白内障は子供でも発症することがあります。先天的に水晶体が白濁しているため、一般的な高齢者の白内障と区別して先天性白内障と呼んでいます。

生まれたときから眼の白濁がわかるものと、成長するにつれ現れる発達白内障とがあります。

子ども1万人に3人とまれな病気ですが、赤ちゃんの眼に白濁を見つけたら直ちに眼科を受診することが必要です。

先天性白内障の原因

染色体の異常や風疹などの胎内感染、代謝異常疾患の合併症として現れることがあり、多くが遺伝性です。

そのため家族に先天性白内障のかたがいる場合は、生まれてすぐに眼科を受診した方がいいでしょう。

こんな症状があったらすぐに眼科へ

眼に白濁があったり、眼の揺れや斜視が生じてきたら白内障の可能性が高いので、すぐ眼科を受診して下さい。

治療方針

早期に手術しないと生涯にわたる視力障害に!

先天性白内障は老人性と異なり、一刻も早い手術が必要です。

赤ちゃんのうちはまだ視力が発展途上にあります。本来なら視覚刺激を受けて形成されるべきところ、遮断されて高度な弱視となり、生涯にわたる視力障害をきたすのです。

小さければ小さいほど重い弱視になる可能性が高いため、早期発見・手術が何よりも大切です。両眼の白内障なら生後10週まで、片眼なら生後6週までに手術をしましょう。

手術では何をするのか?

乳児の手術では濁った水晶体と硝子体の前嚢を切り取ります。術後はコンタクトレンズ・無水晶体用眼鏡での矯正が必要です。

1~2歳以降では大人のように人工の眼内レンズを挿入することもありますが、成長に伴い度数も変わるので、その都度眼内レンズを取り替える再手術をするか、眼鏡で矯正していきます。

いずれにせよ小児の白内障手術は老人のよりはるかに高度な手術となるため、専門医に診てもらってください。

大切な術後管理

先天性白内障の場合は手術をしたその後の方が大切です。

必ず定期的な経過観察を

手術後は緑内障や網膜剥離、後発白内障、斜視など合併症が現れることがあるので定期的に検査をし、長期にわたって(=成人になっても)経過観察をしていきます。

視力を延ばすための訓練

術後は医師・視能訓練士・家族が協力して、視力を発達させるための訓練をしていきます。視覚刺激に対する感受性が最も高い0歳~2歳の時期の訓練をはじめ、就学後まで家庭で取り組む必要があります。

たとえば眼鏡やコンタクトで近くにピントを合わせたり着脱の練習、視力の良いほうの眼をわざと隠して悪いほうの眼で見て視力を延ばす訓練などをスケジュール立てて取り組みます。

先天性白内障の場合、視力が順調に伸びていっても、合併症が出たり、全身性の疾患などを抱えていることが多いため、長期にわたって治療が続くことがあるでしょう。

ルテインと白内障の関係

白内障の有名な対策はルテインを摂るですが、
ルテインが白内障の防止に効果があるかどうかは分かっていません。

でも、そんなの待ってられないですよね。

早め、早めに手を打ちたい方はここから手に入ります。

-手術と眼内レンズ

Copyright© とにかく!白内障の症状を悪化させないために今すぐ取るべき対策 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.