とにかく!白内障の症状を悪化させないために今すぐ取るべき対策

知っておくべき白内障の初期症状の見え方。白内障に3倍なりやすい中高年の特徴とその進行を抑える5つの方法

手術と眼内レンズ

白内障の手術後に挿入した眼内レンズがズレたらどうするの?

更新日:


滅多に無いが術後に眼内レンズがズレることがある!

白内障手術で眼内レンズを挿入しても、まれにズレたり、脱落したりすることがあります。

挿入したレンズが所定の位置からずれることを眼内レンズの偏位といい、レンズが脱落してる、もしくは大きく外れている状態を眼内レンズの脱臼、もしくは亜脱臼といいます。

痛みはありませんが、突然見えづらくなり、自力ではどうすることもできません。術後急に視力が悪化したと感じたらすぐに眼科を受診しましょう。

どうして眼内レンズがズレるのでしょうか?

術中のトラブルによるものと、術後のトラブル・変化によるものとに分けられます。

  • 術中のトラブルとは?
  • 眼内レンズを挿入する袋である水晶体嚢はとても破けやすいため、術中に後嚢破損することがあります。またレンズを支えるチン小帯が弱いとレンズの重みに耐えられずにチン小帯断裂することがあります。

    こうした眼組織の弱さは手術してみないことにはわからないことが多く、まれに術中の対応が甘いとズレることがあります。

  • 術後のトラブル・変化とは?
  • 加齢で眼の組織が弱くなっていたり、水晶体嚢が縮むと眼内レンズがズレることがあります。その程度が少しであれば見えかたには影響しませんが、前嚢切開したところが術後3か月くらいまでに強く収縮すると、見え方に影響が出るようです。その他、術後に大きな外傷を受けてズレることもあります。

眼内レンズがズレた場合はどうするの?

眼内レンズズレを放置すると視力低下だけでなく、ぶどう膜炎、緑内障、網膜剥離といった重篤な疾患を招く恐れがあります。

そこで再手術をして正しい位置に入れ直すか、新しいレンズに取り換える、もしくは縫って留めることになります。

再手術には時間がかかるため入院となるようです。少しでも見え方の異変を感じたらすぐに受診することが大切です。

ルテインと白内障の関係

白内障の有名な対策はルテインを摂るですが、
ルテインが白内障の防止に効果があるかどうかは分かっていません。

でも、そんなの待ってられないですよね。

早め、早めに手を打ちたい方はここから手に入ります。

-手術と眼内レンズ

Copyright© とにかく!白内障の症状を悪化させないために今すぐ取るべき対策 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.